耳鼻科を選ぶコツ 編 についての記事一覧 | 新宿の耳鼻科選び

HOME » 耳鼻科を選ぶコツ 編

耳鼻科を選ぶコツ 編

花粉症に効果的な薬をもらえる耳鼻科とは

花粉症に効果的な薬をもらえる耳鼻科とは

花粉症の症状がつらいときはなるべく効果的な薬が欲しいですよね。

それがもらえる耳鼻科はどうやって選ぶといいでしょうか?
これについて、基本的には病院ごとの違いはそれほどありません。

しいて言えばかかりつけの病院で相談すると自分に効く薬を処方してもらいやすく、自分にとってはかなり効果的な花粉症の薬となるでしょう。

行きつけの病院がない方にとって、選ぶ病院によって花粉症の薬の効果が極端に違うといったことはそれほどありません。

もちろん診察時の対応や処方薬は症状次第となり、一概には言えないのですが、花粉症で鼻炎などの症状が出ている場合、特に初診でかかったときはアレルギーを抑える薬の処方となることは多いです。

それで症状があまり抑えられなかった場合は再度病院を受診して医師に相談してください。

以前に処方した薬の効果や患部の状態などを確認の上で医師がまた次の治療を検討します。

≫ 『花粉症に効果的な薬をもらえる耳鼻科とは』

耳が聞こえないときは耳鼻科へ

耳が聞こえないときは耳鼻科へ

音が聞こえることは私たちの生活を支える基礎になっています。
この聴力に異変が起こることもあるのです。
まったく音が聞こえなくなることもありますし、少し聞こえが悪いといった症状になる場合もあります。
このような状態になると相手の声がうまく聞き取れない、会話がうまく進まない、呼ばれているのに気づかない、自分に接近する自動車などに気付かないなど、かなり日常生活が送りづらくなるでしょう。

これら症状は誰にでも起こりえます。
年配の方に比較的多い症状ですが、若ければならないわけではありませんから注意が必要です。
まったく耳が聞こえないわけではなく、少し聞こえが悪くなっているという症状だとそれを自覚するのが遅れることもあります。
相手に聞き返すことが増えた、TVなどの音量を上げるようになった、これらを他人から指摘されたなどする場合は耳の聞こえが悪くなっている可能性があります。
耳が聞こえないなどの症状は耳鼻科で診察をしていますから相談してみましょう。
耳の聞こえが悪いかもしれないので調べたいといった理由での受診もOKです。
≫ 『耳が聞こえないときは耳鼻科へ』

花粉症ではどこの耳鼻科がおすすめ?

花粉症で耳鼻科に行くなら

花粉症になると室内にいても鼻水やくしゃみなどの症状が現れるなど、日常生活にも大きく影響します。
早く症状を抑えるためにも病院での治療を受けたいところでしょう。
受診先としては耳鼻科がよく選ばれていますが、新宿のたくさんの病院をどうやって選べばいいでしょうか?
これは初めて行くならアクセスしやすいなどの利用のしやすさで選ぶといいですし、すでに何度か行ったことがある耳鼻科があるならそちらで相談するのもおすすめです。

花粉症は多くの耳鼻科で対応している症状となり、特定の医師や病院をあえて選ぶ必要性はそれほど高くありません。
春先になって鼻がつまる、ずっとムズムズする、鼻水が垂れてきて止まらないといった鼻の症状のほか、咳が出る、イガイガするといった喉の症状など、耳鼻科が専門とする領域に症状が出ていれば多くの耳鼻科で診察ができます。
花粉によるアレルギーが疑われる場合、血液検査などでそれを調べられる病院も多いです。
多くの耳鼻科で対応できる症状となりますから、花粉症を耳鼻科で診てもらいたいときはひとまず利用しやすい病院や、行きつけの病院など選ぶといいでしょう。
≫ 『花粉症ではどこの耳鼻科がおすすめ?』

病院の衛生面で見たいポイント

気になる病院の衛生面

病院というのは衛生面にとても気を遣っていることが多いです。

しかし、病院の中には衛生面をそこまで気にしていないところもあるかもしれません。

そういう病院に関しては、正直あまり利用しない方が良いですよね。

院内感染のリスクもないわけではないので、できれば細かなところまでしっかりと清掃が行き届いていて、常に綺麗な状態になっている病院がおすすめです。

もちろん、衛生面だけで病院の評価を判断することはできません。

しかし、病院だからこそそういう細かなところまで清潔である必要があります。

他の病院と比べてみて、診察室や診察台は汚れていないかどうか見ておきましょう。

病院を選ぶ時には、その他医師や看護師の清潔感も見ておきたいです。

そこでしっかりと綺麗な身だしなみにしているというところは、信頼して使うことができます。

逆にそこが汚いとそもそも使う気にはなれませんよね。

見ておきたい病院の衛生面ポイント

まず見ておきたいのは、その病院の外装です。

内装を気にする人が多いですが、実は外から見て綺麗かどうかが重要です。

しっかり清掃が行き届いているところは、大抵が内装も綺麗になっています。

外装がボロボロだと雰囲気も悪く、相談したいのに余計に気分が落ちてしまうことも。

そういうところに気をつけてしっかり保っているところは、やはり印象も良いです。

その他に見ておきたいのは、やはり設備や機材ですね。

患者のために使うものなので、それらの手入れはしっかりしてもらわないと困ります。

特に患者に触れるものなどは入念に消毒なども必要となってくるでしょう。

設備や機材は病院ごとに違ってくるのですが、それらが汚れていないかどうかも確認しておくと失敗することもないはずです。

その他、待合室やトイレなども清掃が行き届いているのかを見ておきましょう。

衛生面がしっかりしているところなら、医療サービスの質も良いはずです。

通いたくなる病院を探すべき

病院というのは、ただでさえ通いたくないというのが本音ではないでしょうか。

そのため、病院に関しては少しでも通いたくなるようなところを見つけたいです。

雰囲気が良いことはもちろん、医師や看護師にも清潔感があり、それでいて病院の中も明るくて、まるでカフェのような雰囲気があれば誰でも通いたくなりますよね。

そういう意味でも、より病院の衛生面はチェックしておくことが必要です。

耳鼻科や耳鼻咽喉科、内科、皮膚科など頻繁に利用するところは要チェックです。

アレルギー性鼻炎は薬で症状緩和

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎には症状もはっきりと出てくるので、簡単に見分けられます。

主にアレルギー性鼻炎の症状としては、鼻水やくしゃみが代表的です。

ただ、人によっては熱が出たり、めまいがしたりすることもある他、倦怠感や疲労感を抱くという人も少なくありません。

慢性鼻炎とは違って、アレルギー性鼻炎は突発性が強いです。

そのため、症状に関しても一過性だと思っていることが多く、逆に長引くことも。

できればアレルギー性鼻炎は薬をしっかり処方してもらって対応することが必要です。

耳鼻科や耳鼻咽喉科、その他皮膚科などでも薬を処方してくれるので、上手に活用すべき。

これは人によって見解が違いますが、アレルギー性鼻炎は薬で十分に緩和可能です。

そのため、まずは専門の病院で薬を処方してもらうのがよいと言えるでしょう。

≫ 『アレルギー性鼻炎は薬で症状緩和』

くしゃみや鼻水がつらいなら治療

花粉症の代表的な症状

花粉症になった人にしか、花粉症の症状はわからないと言われるほど、実はつらいです。
花粉症の代表的な症状としては、くしゃみや鼻水があります。
これらの症状に関しては、アレルギーに対する身体の防衛機能と言えるでしょう。
アレルゲンとなる花粉が体内に侵入すると、それを退治しようと身体の中では指令が飛び交うようになります。
当然、花粉は身体にとっては異物でしかないので、体外に排出することが重要ですよね。
身体はそれを本能的にわかっていて、体内に入ってきた異物を攻撃するのです。
その際、アレルゲンに反応することで、多くの人が認識しているアレルギー反応というのが出てきてしまいます。
それがいわゆるくしゃみや鼻水となって出てくるものなのです。
花粉症が長期化すれば、よりくしゃみや鼻水も悪化する傾向があります。
≫ 『くしゃみや鼻水がつらいなら治療』

スギやひのきのアレルギー

スギやひのきのアレルギー

スギやひのきのアレルギーになると花粉症になったと感じることが多いでしょう。
これら植物の花粉が飛ぶ時期になると鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れることが多いです。
スギやひのきの花粉が飛ぶのは春先ですから、この時期にだけこれら症状に悩まされたりします。
≫ 『スギやひのきのアレルギー』

ジェネリックの処方箋

ジェネリック医薬品をもらうには

ジェネリックとは最近普及している医薬品で、効果は同じですが値段が安くなっている後発の医薬品を指します。
効果が同じなら値段が安い薬の方がいいですよね。
医療費抑制のためにも最近はジェネリックが推奨されていることもあり、手に入る機会も多くなっています。
保険適用で治療を受けている方もジェネリック医薬品にするとさらに治療費が安くなりますから、できればこちらがいい方も多いでしょう。
そのような方は新宿の耳鼻科の中でもジェネリックの処方箋も積極的に出してくれる病院を選ぶといいです。
すると治療費を抑えやすくなり、気軽に治療が受けられるでしょう。
≫ 『ジェネリックの処方箋』

2019年花粉症

今年の花粉はどうなっている?

花粉症は毎年恒例となっていますよね。
2019年の花粉はどうなっているかというと、まず2019年の1~2月は比較的暖かい日が多く、2月上旬にはすでに花粉が飛んでいる地域がいくつも確認されています。
東京でも例年よりもスギ花粉の量が早いペースで飛んでいるとの調査もあり、2019年は早くからスギ花粉で悩まされる方もおられるでしょう。
そして気になるのは花粉の量ですよね。
花粉症患者数の多いスギ花粉について、例年よりも量が多いとの予想が出ている地域がたくさんあります。
東京など、例年より多いと予想される地域となっていますね。
≫ 『2019年花粉症』

耳鼻科とかぜ

かぜは耳鼻科でもOK?

かぜは日常的に経験しやすい病気で、この理由で病院に行くことも多いでしょう。
そのときは内科に行く方も多いですが、耳鼻科に行く方もおられます。
まだ行ったことがない方など、かぜで耳鼻科に行ってもいいのか迷うかもしれませんが、これは問題ありません。
耳鼻科はかぜをひいたときに受診できる病院の一つです。
耳鼻科がかぜの診察を行っているのは、鼻や喉に症状が出ることも多いからですね。

かぜをひいたとき、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻のムズムズ、喉の痛みや不快感などの症状が出る方も多いでしょう。
これら症状が出ている部位は耳鼻科が専門としている部位ですから、耳鼻科もこれら症状の受診先となっているのです。
診察の結果、かぜと診断されたら薬もきちんと処方されます。
このように耳鼻科でもかぜの診察を受けられることは覚えておくといいでしょう。

内科とどっちがいいの?

耳鼻科と内科の両方でかぜの診察を受けられるなら、どっちを選べばいいか迷うかもしれません。
内科とどちらがいいのかというと、症状によって使い分けるのがおすすめです。
耳鼻科で診てもらうといいのは、鼻や喉の症状がひどかったり、耳にも気になる症状があるときなどです。
たとえばあまりに喉が痛いときなど、かぜではなく扁桃炎の可能性もあります。

そのような症状の診察なら耳鼻科の方が向いている場合もあるのです。
逆に内科の方がおすすめとなるのは、耳

鼻・喉以外の部位の症状が強い場合です。

たとえば食欲がない、吐き気がする、下痢をしているなど、かぜによって消化器の症状が出ている場合、耳鼻科よりは内科向きとなります。
耳鼻科で診てもらうといいのはやはり耳や鼻や喉などに症状があったり、それが強かったりするときですから、その症状によって使い分けるといいです。

かぜで受診する耳鼻科の選び方

かぜをひいているときはなるべく利用しやすい病院を選ぶのがおすすめですから、新宿なら新宿駅の近くにあるなど、利用しやすい病院を選ぶといいです。
また、かぜで本当に耳鼻科に行っても大丈夫なのか不安な方は、かぜの診察にも力を入れている病院を選ぶといいです。
新宿駅の近くにはそのような耳鼻科もあります。
新宿駅西口から徒歩三分ほどの病院となりますが、こちらの耳鼻科はかぜの診察にも力を入れており、眠くならない風邪薬の処方なども可能です。
駅に近くて利用しやすい病院ですから、比較的おすすめです。
このように耳鼻科ではかぜの診察ができますが、もちろん内科を選んでもOKです。
新宿駅近くには便利な内科もありますから、耳鼻科にこだわらない方は内科も利用してみてください。